1. TOP
  2. コーダ育児支援

はじめまして / コーダとは

コーダを育児中のお父さん、お母さんはじめまして!

このHPに書かれていることは、聞こえない自分から生まれた聞こえる子(コーダ)との接し方のヒントとなるよう、成人コーダやコーダ研究者などの皆さんの経験談や意見をお伺いしながら、コーダ育児の先輩の立場からおはなしさせていただいております。

子育てには正解がなく実に三者三様です。コーダであるわが子とのかかわり方のヒントを探す、くらいの気持ちでお読みいただけると嬉しいです。

聞こえない親をもつ聞こえる子ども(コーダ CODA:Children of Deaf Adults)

「コーダ」という言葉が最初に作られたのは1983年のアメリカです。聞こえない両親を持つアメリカ人コーダ、ミリー・ブラザーが作ったニュースレターをきっかけに、まずはアメリカで、そして次第に英語圏で、コーダの集まりが開かれるようになっていきました。

日本では、「コーダ」という概念は、1995年前後に「ろう文化」の考え方と共に紹介されました。そのため、「コーダ」は、手話が堪能で「ろう文化」を受け継いでいるという、バイリンガル的なイメージが強くなりました。しかし、「コーダ」というのは、あくまでも「聞こえない親を持つ聞こえる人」を意味していて、手話が上手かどうかは問われません。

聞こえない親を一人以上持っていれば、その聞こえる子どもはコーダである

「コーダ」という言葉が日本に紹介された当初は、聞こえない親から生まれた聞こえない子も「コーダ」に含まれるのではないかと捉えられたこともありました。しかし、聞こえない親を持つ聞こえない人は「デフファミリー」という言葉を使い、「コーダ」は聞こえない親を持つ聞こえる人だけを指します。

コーダ

1994年にアメリカで出版された『聞こえない親をもつ聞こえる子どもたち(Mother Father Deaf)』という本では、聞こえない人の90%は聞こえる人から生まれ、聞こえない人から生まれる子どもの90%は聞こえるコーダであると記されています(Preston 1994)。

聞こえない人の中でも、手話を中心的なコミュニケーション手段として使っている人を「ろう者」と呼びます。「ろう者」は、日本語とは異なる言語体系を持つ手話言語を用い、手話と視覚に基づく生活様式(ろう文化)を身につけ、社会におけるマイノリティ(少数派)として生活しています。

「ろう者」の親の下で育つコーダは、手話言語と音声言語、ろう文化と聴文化(聞こえる人が前提としている生活様式)という、二つの言語と文化にふれることになります。コーダは、小学生頃になると、聞こえない人に対する社会の見方や扱い方にショックを受け、「親を守らなくては」と構えてしまうこともあります。そのため、年齢に合わないような責任やケアを担うことになるコーダも多く見られます。

コーダ育児支援事業では、コーダたちが年齢相応の子どもらしく育つことができるように、聞こえない親向けの育児相談や情報交換の場を提供します。そして、コーダたちが経験する誤解やプレッシャーを少なくしていくために、このHPでも、コーダとその親についての正しい知識を伝え、理解を広めていきたいと思います。