にこ~るブログ
2021.02.05
第5回手話寺子屋オンライン講演会

 1/30(土)に第5回の手話寺子屋オンライン講演会が開催されました。参加された皆様、ありがとうございました。今回のにこ~るブログは第5回オンライン講演会についてお話いたします。

 

 講演会のテーマは「地域の手話で話そう」。講師は手話寺子屋名古屋教室の近藤・海野・林の3名が担当しました。

 

 3名とも出身地がそれぞれ違います。近藤は北海道、海野は茨城県、林は福岡県です。3名の出身地の手話でその地域特有の表現についてシチュエーション別にお話してくださいました。また、数字・曜日はどのように表すのか等をお話してくださいました。

 例えば、東京の手話で言う数字の「10」の手の形は、北海道では「11」という表現になり、近藤が北海道以外の友人と「11時」に待ち合わせをしようとしたところ、表現の違いのために、友人が「10時」に来てしまったということがあるそうです。

 

 また、茨城と福岡というようにかなり離れた地域でも同じ手話表現(「高校」という手話単語)があったり、どの地域でも表現がバラバラだったりする言葉もあったりと、とても興味深い内容の講演会でした。

 途中、司会を担当していた大阪教室の知久氏が、出身地である群馬県の手話表現について話す場面もありました。

 

 地域特有の表現ですが、高齢の方しか使用していないこともあり、使う人がだんだん減ってきているそうです。

 最後に林が「日本語に方言があるように、日本手話にも地域ごとの表現があります。それらは、表出される手の形が違っていてもCLやNMMなど日本手話における共通のルールがあります。なので、各地域特有の手話を後世に伝えていくのも大切だと思います。新しい手話を作るだけでなく、地域に根付いた伝統的な表現も残してほしいです」と話していたのが印象に残りました。