にこ~るブログ
2021.04.08
第7回手話寺子屋オンライン講演会

 3月20日(土)に第7回手話寺子屋オンライン講演会を行ないました。講師は手話寺子屋でもお馴染みの髙田和香子氏。「私の生い立ち ~口話から日本手話に~」というテーマでお話いただきました。

 髙田氏は、幼少期~高校までの間は口話で育ち、大学生の時に日本語対応手話に出会い、社会人になってから日本手話で話すようになりました。講演では、日本手話で話すようになるまでのいきさつを中心に、苦労したことやアイデンティティの獲得、子育てについて話されました。

 

 社員同士でもこうしたお話を聞く機会があまりありませんので、とても新鮮な気持ちでお話を聞いていました。この講演会を聞くまでは、髙田氏のご両親が聴者で、口話で育ったということも知りませんでした。また、普段の様子からは想像もできないくらいのご苦労をされておりました。もしかしたら、中には今でもお話されるのも辛かった内容のものもあったかもしれません。お話して下さり、ありがとうございました。

 

 日本手話は、飲み会などでろう者と沢山交流する中で身につけていかれたそうです。

 コロナ禍で中々人と会うのが難しくなっていますが、ワクチンが行き渡り落ち着いてきた頃に、私もまたろう者との交流を通じて手話の技術を磨いて行こうと思いました。

 

 最後に、「口話を使い続けた結果、疲れてしまいました。これからは、ありのままの自分を大切にしていきたいです。そして、日本手話の講師として日本手話を広めていきたいです。」ともおっしゃっていたのがとても印象的でした。

 

 講演会に参加してくださった皆様。ありがとうございました。