にこ~るブログ
2022.05.13
第20回手話寺子屋オンライン講演会

 423日(土)に第20回手話寺子屋オンライン講演会を行ないました。テーマは「手話通訳をするとは?~言語の特性を活かして~」。講師は手話言語の研究や手話通訳士として第一線で活躍されている、下谷奈津子氏です。

 今回は、音声日本語での講演で、聞き取り通訳がつく形で行なわれました。また、講演会前半は講師の講演、休憩を挟んで、後半は参加者から代表で5名の方が手話動画の読み取り通訳の実践を行なうという、手話寺子屋オンライン講演会では初めてのワークショップ形式でした。

 読み取り通訳の実践の際は音声文字変換ソフトを使用し、ワークショップ参加者が通訳した音声日本語が、文字で現れるようにするという形で情報保障が行なわれました。手話寺子屋オンライン講演会では初めての試みでした。

 

 講演の前に募集しておりました質問では、手話通訳のコツや訓練方法、本番のアクシデントに対する対処法に関するものが多かったとのこと。講演会ではそれらの回答をしつつ、「読み取り通訳は好きですか?」という問いかけとともに、下谷氏の読み取り通訳における心構えなどをお話しいただきました。

 ワークショップでは、代表者5名の方が行なった音声日本語訳の語彙の選び方や訳し方の改善点だけでなく、良かった点にも着目し、コメントしあっており、とてもいい雰囲気でした。

 

 講演後のアンケートでは、「講演時間が短く感じた、もっとお話を聞きたい!」というお声や「第2弾は聞き取り通訳についての講演をやってほしい!」というようなご意見をいただきました。

 

 第20回オンライン講演会にご参加いただきまして、ありがとうございました。

 第21回・第22回手話寺子屋オンライン講演会、現在募集中です。募集締め切りは、第21回は519日、第22回は612日です。皆様のお申し込みをお待ちしております。