にこ~るブログ
2019.12.10
【手話寺子屋25周年特別講演会1】

今年、当社の手話寺子屋はお陰様で開講25周年を迎えることができました。ここまで来ることができましたのも、皆様の暖かいご支援のおかげです。誠にありがとうございます。

さて、4月より25周年を記念した特別講演会を1~6弾まで行ないました。先日、第6弾の講演会が終了いたしました。

そこで今回のブログは、今までの講演会の内容について3回に分けてご報告申し上げます。

・第1弾:2019年 4 月 13 日 (土)「手話寺子屋25 年間を振り返って」

講師…河合祐三子氏 福光あずさ氏

手話寺子屋の25周年の歩みを、2人の講師とスペシャルゲストとともに振り返りました。

「(株)ワールドパイオニア」→「ダブル・ピー(株)」→「(株)アウトソーシングビジネスサービス」……と当社の社名変更の経緯や、当時の寺子屋の教室に関するエピソード等をとても懐かしそうにお話されていました。

講演会参加者の中には、10年近く寺子屋に通われている方もいらっしゃいました!ありがとうございます!

 

・第2弾:2019年 6 月 1 日 (土)「聞こえない子供が持つ力を最大限に引き出すには」

講師…池田亜希子氏

ろう児の成長を引き出すためには、赤ちゃんのうちから手話での会話が大切というお話をされていました。

ろうの赤ちゃんは音の代わりに目から入る情報を欲して、色々周りを見たがるため、お母さんが抱っこしている時、とても動いて落ち着かないことがあるそうです。

親はそれを見て、「もしかしたら聴覚の他に何か障害があるかも……?」と心配してしまうことがあるそうですが、問題はありませんとのことでした。

また、自身の所属する明晴学園のプレスクールめだかの活動内容についてもお話していただきました。

 

河合氏、福光氏、池田氏。お忙しい中、ご講演いただきまして、ありがとうございました。

また、講演会にお越し下さった皆様、ありがとうございました。