にこ~るブログ
2020.12.24
第4回手話寺子屋オンライン講演会

 今回は2020年12月19日(土)に行われた第4回手話寺子屋オンライン講演会についてご報告いたします。今回の担当講師は、NHKみんなの手話の講師や、明晴学園の教師を務めている森田明さんでした。

 

 講演会のテーマは「森田明が語る日本手話の文学とは?~手話ポエムを楽しもう~」でした。まず初めに、森田氏の勤めている明晴学園がどのような学校かを、次にNHKみんなの手話の裏話をお話しいただきました。

 

 休憩を挟んで、手話の文学についてのお話をしていただきました。

 「文学」とは言語表現による芸術作品のことを言います。日本語での例を挙げるなら、詩・小説・戯曲(演劇)・俳句などのことです。

 手話の文学とは、手話語り、手話ポエム、数字・指文字ストーリー、手話演劇、のことで、他にも手話での戦争体験語りや、手話での絵本の読み聞かせなども含まれます。

 手話の文学ではCL(※1)RS(※2)がよく使用され、たくさん組み合わされています。

(※1)…Classifierの略。物の形や材質、大きさや動きなどを表すものです。(中略)細長いもの、薄いもの、厚みのあるものなど、CLに決まった表しかたがあります。(『日本手話のしくみ 練習帳』NPO法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター 編 岡典栄、赤堀仁美 著P.54より)

(※2)…話者が「現在の自分」以外の人物の考えや行動を引用して伝える表現です。ロールシフトまたはレファレンシャルシフトと呼ばれます。(『日本手話で学ぶ手話言語学の基礎』松岡和美著 P.107より)

 森田氏は、「CLやRSがどういうものかを理解していないと、CLやRLは上手く表せません。ろう者にもCLやRS表現が得意な人もいれば苦手な人もいます。歌舞伎のように、幼いころから技術を身につけるからこそ魅力的な表現ができるようになります。聴者がCLやRSを身につけるためには、沢山の表現を見ることが1番大切です。」とおっしゃっていました。

 

 「手話歌は手話の文学でしょうか?」という問いかけがありました。皆さんも一緒に考えてみてくださいね。

 

 講演会の最後に、森田氏がクリスマスにちなんだ絵本「サンタがきたら おこしてね」(著者:やすいすえこ 挿絵:鈴木まもる)を手話で読み聞かせてくださりました。素敵なクリスマスプレゼントでした。

 講演会に出席してくださった皆様。ご視聴いただき、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

 さて、2020年最後のにこ~るブログとなりました。12月26日より当社は冬季休業となります。2021年も株式会社アウトソーシングビジネスサービス ダブル・ピーグループをどうぞよろしくお願いいたします。