にこ~るブログ
2021.01.08
ワールドパイオニア⇒ダブル・ピー⇒OSBS WPグループ

 明けましておめでとうございます。2021年になりました。本年もどうぞよろしくお願いします。

 1991年6月。当社の前身の会社である、「株式会社ワールドパイオニア」が誕生しました。今年で創立30年になります。

 今回のにこ~るブログは、ダブル・ピーの30年の歴史を簡単にご紹介いたします

 

 「株式会社ワールドパイオニア」を設立した当時の社長、中園秀喜氏は3歳の時に失聴し、学生時代や就職活動時、入社した会社等で「きこえのバリア」でご苦労されてきました。その後独立し、聴覚障がい者用の日常生活用具の製作や、当事者の満足いくサービスの提供、そして聴覚障がい者の雇用を行なう会社を興されました。それが「株式会社ワールドパイオニア」です。

 

1994年 「手話寺子屋」運営開始。

2000年 「にっこり補聴器屋さん」開業。

2001年 かきポンくん販売開始。

 手話寺子屋は今年で27周年です。25周年記念の講演会(※)をやっていたころが懐かしいですね。にっこり補聴器屋さんは昨年20周年を迎えました。また、簡易筆談器かきポンくんも今年で販売開始から20年のロングセラー商品になります。日頃から皆様にご愛用頂いているおかげです。ありがとうございます!

(※)…詳細は、「手話寺子屋25周年講演会」の記事(https://www.wp1.co.jp/blog/1126/https://www.wp1.co.jp/blog/1151/https://www.wp1.co.jp/blog/1190/)をご覧ください。

 

 2009年8月31日「株式会社ワールドパイオニア」は「ダブル・ピー株式会社」に社名を変えて再スタートしました。

 社名変更後、明晴学園と合同で作成したしゅわ絵ほんと、ろう者の噺家である大喰亭満腹氏の手話落語の販売を開始しました。

 また、ラインの手話スタンプも、この頃販売を開始しています。

 

 2017年12月1日、「ダブル・ピー株式会社」は、現在の「株式会社アウトソーシングビジネスサービス」(略称OSBS)と合併し、社名が変わりました。2020年の12月1日でちょうど3年になります。

 

 この時から新たな事業として、コーダ育児支援事業(現:「コーダ子育て支援事業」)が始まりました。定期的に子育てサロンや講演会を開催していき、CODAを育てる親のサポートを行なっております。

 

 手話寺子屋は、2019年までの間に、大阪教室・名古屋教室・東京日本橋教室と新たに3教室を開講しました。また、昨年からはZOOMを使用したオンライン講座や講演会も行なうようになりました。

 手話寺子屋創立30周年に向けて、これからも講師・職員一同頑張ります。

 

 今後とも(株)アウトソーシングビジネスサービス ダブル・ピーグループをどうぞよろしくお願いします。

 

参考文献

『しじみ貝の詩』 著:岩渕紀夫

『社長、バリアに挑む~ハンディキャップを武器にして~』 著:中園秀喜

『「聞こえ」のバリア解消への提言 共生社会を目指して』 著:中園秀喜

「人が通る。道ができる」 情報バリアフリーアドバイザーの奮戦記 中園秀喜さんのブログ http://wp1.blog21.fc2.com/

「いくお~る 聴覚障害に関する情報ブログ」https://ameblo.jp/bcs33/

NPO法人ベターコミュニケーション研究会 http://www.bcs33.com/