にこ~るブログ
2022.05.13
第20回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 423日(土)に第20回手話寺子屋オンライン講演会を行ないました。テーマは「手話通訳をするとは?~言語の特性を活かして~」。講師は手話言語の研究や手話通訳士として第一線で活躍されている、下谷奈津子氏です。

 今回は、音声日本語での講演で、聞き取り通訳がつく形で行なわれました。また、講演会前半は講師の講演、休憩を挟んで、後半は参加者から代表で5名の方が手話動画の読み取り通訳の実践を行なうという、手話寺子屋オンライン講演会では初めてのワークショップ形式でした。

 読み取り通訳の実践の際は音声文字変換ソフトを使用し、ワークショップ参加者が通訳した音声日本語が、文字で現れるようにするという形で情報保障が行なわれました。手話寺子屋オンライン講演会では初めての試みでした。

  (さらに…)

2022.03.24
第19回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 36日に第19回手話寺子屋オンライン講演会を行ないました。今回のテーマは「ようこそ ケンゾーワールドへ!奄美大島のデフハーフファミリー」でした。タイトルに書かれているように、今回ご登壇いただいたのは、「ケンゾー」こと福島健三氏です。

 福島氏は、鹿児島県奄美大島出身のろう者です。前回の講演でご登壇いただいた澤田利江氏が設立された、特定非営利活動法人NPOデフNetworkかごしまに、現在勤められています。

  (さらに…)

2022.03.04
第18回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 2月27日(日)第18回手話寺子屋オンライン講演会が開催されました。テーマは「手話×可能性=無限大∞」。特定非営利活動法人NPOデフNetworkかごしま理事長兼、一般社団法人Sonrie代表理事の澤田利江氏にご登壇いただきました。
 今回の講演会は、鹿児島からの参加者がとても多かったとのこと。澤田氏の多くの活動が鹿児島ではとても有名で、一度お話を聞いてみたいと思われた方が多いことが分かりました。

(さらに…)

2022.02.04
第17回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 122日(土)に第17回手話寺子屋オンライン講演会を開催いたしました。テーマは『ろう者が活躍「さんさん山城」SDGs(※1)』。さんさん山城施設長の新免修(しんめんおさむ)氏にご登壇いただきました。今回の講演会は、講師の新免氏だけでなく、「さんさん山城」の利用者のろう者の方が、数名出演し、ご自分の作業や「さんさん山城」についてお話しいただく場面もありました。みなさん、ご自分の仕事に誇りをもって楽しく作業をされていることを、生き生きと話してくださりました。

  (さらに…)

2021.12.17
第16回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 124日(土)、手話寺子屋講師の竹内幸代氏にご登壇いただき、第16回手話寺子屋オンライン講演会を開催いたしました。講演会のテーマは「ろう高齢者に伝わりやすい通訳をするためには」でした。

  (さらに…)

2021.12.03
第15回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

  1127日(土)第15回手話寺子屋オンライン講演会が開催されました。今回のテーマは、『ろう者学のいろはの「い」』。皆川愛氏にご登壇いただき、「ろう者学」について、『いろはの「い」』とおっしゃるように、入門の本当に入口に近い所をお話しいただきました。

  (さらに…)

2021.10.29
第14回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

  1017日に第14回手話寺子屋オンライン講演会を開催いたしました。「留学から広がった私の人生~アメリカで学んで~」というテーマで武田太一氏にご登壇いただきました。

  (さらに…)

2021.09.22
第13回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 今回は、手話通訳士の江原こう平氏を講師にお招きし、「江原こう平の28年+α」というテーマで講演会を開催いたしました。現役の手話通訳士のお話ということもあり、募集開始後あっという間にお申込みが定員になってしまいました。たくさんのお申込み誠にありがとうございました。

  (さらに…)

2021.09.03
第12回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 821日に行なわれた第12回手話寺子屋オンライン講演会は、「近くて遠い国、「北朝鮮」へ~そこにろう者はいるのか?~」というテーマで、弊社の手話寺子屋講師である寺澤が登壇いたしました。 (さらに…)

2021.08.18
第11回手話寺子屋オンライン講演会 (手話寺子屋)

 88日に行われた東京オリンピックの閉会式。Eテレにて弊社の寺澤がろう通訳として出演いたしました。SNS上では予想以上にたくさんの反応があり、ろう通訳が多くの人々の目に触れたことの表れだと感じました。ろう通訳がどのように行われているかを、以前当ブログで紹介しておりますので、お手すきの際にご覧いただけますと幸いです。

 

 さて今回のにこ~るブログは、社会福祉法人ひょうご聴覚障害事業協会理事長の大矢暹(ススム)氏にご登壇いただき、『15周年を迎えた特別養護老人ホーム淡路ふくろうの郷』というテーマで講演会を開催いたしました。講演会では、淡路ふくろうの郷を設立した経緯やモットーについて、また、そこで暮らしているろう高齢者の方についてお話いただきました。

  (さらに…)